英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け

任天堂
DS / 2006年1月26日
DSだからこそ
パソコン版もあったけど、同じ耳で聴いた英文を書き取っていく方法にしても、タイピングよりタッチペンを使って書き取るDS版のほうが頭に入るのではないだろうか。短い時間で手軽にできるのもDS版ならでは。高価な英会話レッスンを受けるより、まずは試してみる価値があると思う。
ゼロからではない
ゼロから英語をはじめようとする人への救済処置は無し。続けていくうちに、意味もわからず単語を当てるだけになりやすい。 手書き入力の判定も甘く、間違っているのに正解になってしまうことや、その逆も何度かあった。


監修 日本常識力検定協会 いまさら人には聞けない 大人の常識力トレーニングDS

任天堂
DS / 2006年10月26日
もちろん大人以外にも
効果があるかどうか疑問が出てる「脳トレ」や、それだけでは勉強にならない「えいご漬け」と違い、問題解答後の解説をしっかり読めば確実に知識として身に付くのがこのソフトの利点。購入後ある程度時間が経っても、全問制覇してやるぞって気にさせるのもこのソフトだけ。若い人にはこれからの社会生活に、大人には文字通り人に聞けない常識の勉強に役に立つこと間違いなし!
常識じゃなく、雑学?トリビア?
1日にプレイできる量が決まっているので、暇潰しや、今日は頑張るぞ!って時には合わないかも。問題を淡々と解いていくだけなので、絵が表示される問題や音楽の問題などもっとほしかったかも。あとは、問題の中に「これ、常識?」と思えるくらい難しいものや、『マウスはどれ?』といった極端に簡単なものが混ざってるのが気になるかな。


ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

任天堂
Switch / 2017年3月3日
世界よ、これがゲームだ。
ネットを見れば回答は載っている。しかし答えは1つではない。しかしそれを見る前に「××をしたらこうなるだろうな」と想像し実行してみると、実際にそれが可能であることの面白さ。もし自分が現実で戦う状況になって武器を与えられたら(あるいは武器が無かったとしても)、そのとき取るべき行動と同じことをして戦うだけ。相手が強敵だったらどんな戦法を使うかも全く同じ、それができるのが本作だ。走る、跳ぶ(飛ぶ)、そして戦う、リンクの基本アクションに「〇〇システム」といったゲーム的なものは存在しない。自由に楽しめるとはこういうことなのだ。(ゆえに、コマンド入力でチート級の技を発動できてしまうのが私には残念に感じた)
オープンワールドのゲームにしてはロードが短いし、起動時にやたらクレジットを表示して待たされるゲームばかりの中、すぐにタイトル画面が表示される作りは王者の貫禄。光・水・音の表現はもちろん、これほどまでに空気が表現されたゲームに出会ったことはない。現実には存在しないファンタジーなオブジェをマップに置き美しく見せているRPGは多く存在するが、このゲームでは現実の世界で美しい風景を見た時の感動と同じ感覚を味わうことができた。
こういったゲームを作れる人が日本にいたことが大変うれしい。
基本操作すら複雑
近年のレールの上を進むだけのゲームを楽しいと感じる人から見れば、何をすればいいかのヒントも少なく、ザコでさえ強敵となりかねない難易度、常に不足するアイテムとお金の要素も面倒と感じてしまうことだろう。しかしこの緊張とワクワクドキドキ感は永遠に変わらないゲーム本来の楽しさなのかもしれない。
使用するボタンが多いこともあるのだが、操作が直感的でなく、したい行動とは違うことをしてしまう場合が多い。壁際のカメラ問題も未解決。雨が降った時のペナルティはもう少し緩くしてもよかったかも。雨やたら降るしね。
祠と神獣といったギミックダンジョンしかなかったので、フィールドマップのように自由に探検できるダンジョンもほしかった。私は「あっちのスイッチを押して、こっちの扉を開けて〜」といったパズルは嫌いだし、ギリギリの足場をジャンプするようなアクションも、ついでに言ってしまえば、やはり武器が壊れるゲームも大嫌いだ。(しかしこのゲームでは祠もコログの実集めも100%までプレイしてしまったのだが・・・)
10年に1度の素晴らしいゲームだっただけに、やっつけ的だったVR対応はほんと残念。


東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング
任天堂
DS / 2005年12月29日
短い時間で楽しめる
実際にこれで脳が鍛えられるのか?などと大真面目に議論するのは偉い人に任せておいて、短い時間で毎日楽しめるのがうれしい。さりげなく漢字や英語の勉強までできたり、日常生活で実際に役立つトレーニングが含まれていたりと、前作より種類も数もバラエティにとんでいる。キー操作がなく、タッチペンで統一された操作はストレスなく、この作りの良さは任天堂らしいなと感じた。
飽きやすい
サクっと遊びたい時に出てくるダジャレやお絵かきは邪魔かも。音声や文字認識の質が悪いのが良い方向に出たり悪い方向に出たり、それによって正確な結果が出なくなってしまうのが残念。暗記力テストもちょこっとやりたい時に出てこられるとテンションが下がる。ゲームではない?のでRPGのように長期間ハマれるかというと飽きやすいかも。
[脳年齢チェックで使用するトレーニングを選択] セレクトボタンを押しながら脳年齢チェックを選ぶ。


ニュー・スーパーマリオブラザーズ

任天堂
DS / 2006年5月25日
わりと原点復帰
2D時代のマリオを思い出す作りが、昔のマリオ好きにはたまらない。ゲームに戻ってきた世代が多いDSならではの作品だと思う。
もっとシンプルでいいのでは?
原点復帰とは言っても、ずっとマリオに触れていなかった自分にとっては厚化粧に感じた。マップや操作系、システムなどの色んな仕掛けを楽しめるかどうかでこの作品の好き嫌いが分かれる。自分はもっとシンプルに遊びたいと思った。使用するキーが少ない割には色んなアクションができるけど、それも決まった仕掛けがある場所のためって感じ。巨大化マリオも、巨大化することを前提としたステージでやらせられても…。ちょっとずつプレイしたい派には、セーブはもう少し自由にさせてほしかった。


ニンテンドッグス 柴&フレンズ

任天堂
DS / 2005年4月21日
可愛いに尽きる
3パッケージあるけど、どれを買ってもすれ違い通信か飼い主ポイントの上昇で他の犬種も飼えるようになるのがうれしい。子犬の動きはすごく良く出来ていて、しぐさもメチャクチャ可愛い。ずっと子犬のまま成長しないのは賛否あるみたいだけど、子犬好きの人にはいいかも。
飽きやすい
このソフト、売場では癒し系コーナーにあったのに全然癒されない。DSに向かって喋らなければならないんだけど、スピーカーから自分の声が再生されたりして、それだけで幻滅。電源を切っていても時間が経過するので、こまめに世話しないと家出。実際の生き物を買うのは簡単なことじゃないんだよって感じなのかもしれないけど、そこまで縛り付けられるのは嫌。現実以上にだんだん義務的に感じてきちゃうので、飽きも早いかな。