IDENTIFICATION
BLUE BIRD とは?
ストーリー
キャラクター紹介

ENVIRONMENT
ゲームの始め方
操作方法
マップ説明
戦闘

DATA
BC CPU ソフトウェア
スクリプト
アイテム
攻性プログラム
用語解説

PROCEDURE
ネタバレ裏話
共有掲示板
TOP













ゲームの始め方
インストールの必要は無し。解凍後に出来上がった赤色のGameアイコンをクリックでゲームが起動する。(環境によって起動に数秒かかる場合あり)
アンインストールはフォルダごと削除するだけでOK。レジストリへの書込みや関連付け、ショートカットの作成等は行っていない。
以前のバージョンのセーブデータをコピーしたい場合、ver.1.30未満のセーブデータは利用できないので注意。(現在のバージョン確認は "お読みください.txt" 内の文章を参照)


■タイトル画面
最初からゲームを始める時は「NEW」、セーブデータがある場合は「OPEN」から続きをプレイすることができる。
ゲームを終了させたい時は、マウスでウィンドウ右上の「×」をクリックして終了。

操作方法
基本操作は以下の表の通り。各画面での詳しい操作方法については、それぞれの項目を参照。また、シナリオがある程度進むまで機能しないキーもある。ゲームパッドへのボタンの割り当ては、F1キーを押すと表示されるゲームのプロパティから変更可能。
主人公、カーソルの移動カーソルキー / テンキー
ダッシュ(可能な場所のみ)Shift
決定、話す、調べる、扉を開けるスペース / Enterbr
メニューの表示、キャンセルEsc

覚えていれば便利なキー
PageUp / PageDown
カーソルキーの左右 / テンキーの左右
COSTOMIZEメニュー表示中のキャラクターの切り替え
F1ゲームのプロパティの表示
Alt + Enterウィンドウモードとフルスクリーンモードの切り替え
注)本作はRPGツクールVXで作成されているため、ここに表記した操作以外にも、同ツールで制作された他のゲームと同様の操作ができるが、正常な動作の保障外になるので注意。特にRPGツクールシリーズ共通の不具合である、F12キーによるリセットを行った場合、ゲームが正常に動作しなくなる可能性が高いので要注意。

マップ画面
マップ画面は2D見下ろし型で、戦闘区域では画面下にステータスと右上にGPSが表示される。人と話したり扉を開けたり物を調べたい時は、その方向を向いてスペースキーで行動を起こすことができるが、対象のある方向にキーを押し続けるだけで反応がある場合もある。

■GPS
現在いる場所の周辺を確認できる。
・白点滅 … パーティの位置
・赤点滅 … そのマップの目標
・青点滅 … 公衆電話(回復&セーブポイント)
・オレンジ … マップ切り換え地点

■ステータス
パーティにいる各キャラクター所有するBCの状態を見ることができる。名前の後の@は担当しているジョブ、緑色のアイコンはBCの状態、PRTバー/BATバーはそれぞれの最大値と残りを表す。

BC(バトルコンピュータ) 攻性プログラムへの攻撃を行ったり、攻性プログラムからの攻撃を防ぐためのプロテクトを展開する為に必要な携帯型コンピュータ。 → BCの項目を参照
PRT(プロテクト) 攻性プログラムの攻撃から身を守るため、BCによって所有者の周りに展開されている透明なバリア。攻性プログラムを肉眼で見ることができるレイであっても見ることはできない。また、現実に存在する物体は防ぐことができず、銃弾などに対しては無力。PRTの値はプロテクトがどれだけ維持されているかを表す数値で、この数値がゼロになるとBCは異常終了してしまい、バッテリー(BAT)が残っていたとしても自力では再起動不可能な状態となり使用できなくなる。パーティの全員のPRTが0になった状態で敵に遭遇するとゲームオーバー。
BAT(バッテリー) BCを起動する(起動させておく)ために必要なエネルギー。プロテクトの維持やスクリプトの使用等で減少し、バッテリーがゼロになった場合、プロテクトを維持できなくなる他、スクリプトの使用もできなくなる。バッテリーの残りはBATの値で表示され、戦闘中はあらゆる要素で減少する他、敵が出現するマップを移動中でも少しずつ減ってゆく。BATがゼロになった場合、プロテクトを維持できなくなりPRTが急激に減少してゆく。

■アイコン
ステータスに緑色のアイコンで表示されるのが現在のBCの状態。通常は何も表示されないかプロテクト展開のアイコンが表示されているが、敵の特殊な攻撃を受けたり仲間の補助を受けたりするとこのアイコンが変化する。
アイコン状態詳細説明回復手段 及び 解除される条件
プロテクト展開プロテクトが展開されている状態。マップを1歩あるくごとにBATを0.1消費する。敵が出現するマップに入るとこの状態になる。敵が出現しないエリアへ移動する
使用不可プロテクト(PRT値)が0になりBCが異常終了し再起動できない状態。パーティのメンバー全員がこの状態で戦闘に入るとゲームオーバー。公衆電話 / 仲間が居る拠点へ行く
リペア0 / 復活の呪文
高速化「デフラグメント」か「SPEED UP」のスクリプト、またはアイテム「ODP」でBCの処理速度が2倍になっている状態。戦闘を終了する / 戦闘不能になる
ウィルスか高負荷状態になる
高負荷敵から高負荷の特殊攻撃を受け続け、BCの性能が、攻撃90% 分析80% 防御70% 速度60%落ちている状態。何ターンか経過する
ウィルス状態になる / 戦闘終了
ウィルスBCにウィルスが侵入し、高負荷と同じ状況になっている状態。高負荷と違い、ターンが経過したり戦闘が終了しても解除されない。公衆電話 / 仲間が居る拠点へ行く
アンチ / ヴルスキラ

■ジョブ
ジョブとは戦闘時におけるパーティ内での役割分担のようなもので、担当するジョブにより使用するBCの能力や使えるスクリプトに違いがあるが、「Shooter」をジョブとするプレイヤーのBCは標準的な特性を持つ。『BB』ではプレイヤー及び仲間のジョブは終始固定されているため、システムというよりはシナリオ上の演出程度の意味しかない。
Shooter
(シューター)
拳銃型の出力装置を使用する『BB』の世界では一般的なジョブ。ガングロ及びプレイヤーが演じるレイがこのジョブ。
Sniper
(スナイパー)
敏捷性を犠牲にして攻撃力と命中率を上げたライフル型の出力装置を使用するジョブ。ゲーム中ではショーサがこのジョブを担当している。
Nurse
(ナース)
攻撃力を犠牲にて回復に特化したBCを使用するジョブ。出力装置はShooterと同じく拳銃型を使用する者が多い。パーティではロリコンがこのジョブを担当し、各種回復用のスクリプトを使うことができる他、敵の特殊攻撃で状態異常になる確立も低くなっている。
Attacker
(アカッター)
ナイフや剣状の接近戦用出力装置を使用するジョブ。接近戦を行うためにはPRTの厚さを犠牲にする必要があるため防御力が低くなるが、そのぶん敵には大きなダメージを与えることができるようになる。不遇ジョブではないにも関わらずAttackerをジョブとする者はハンターは1割に満たないが、パーティではヲタがこのジョブである。
Supporter
(サポーター)
戦闘には参加せず、情報収集や武器、ソフト、スクリプトの製作、ギルドでの接客や事務的作業を行う者たち。プレイヤーがお世話になるギルドマスターもこのジョブである。
Guest
(ゲスト)
ハンターとは無関係の一般人がパーティに加わった場合このジョブになる。ゲーム序盤でプレイヤーがガングロからBCを借りている状態になるが、その時にステータスを確認してみるとこのジョブになっている。

■メニュー
マップ画面でEscキーを押すと、メニューとキャラクターの状態、所持金が表示される。所持金はパーティ全体ではなくレイ個人が自由に使える金額で、受け取った現金以外に、報酬で振り込まれた金額もここに加算される。
また、隊列による前衛後衛の違いや、狙われやすさ、与える(受ける)ダメージに影響は無い。

SCRIPT → スクリプトを使用する。スクリプトの項目を参照
COSTOMIZE → BCをカスタマイズする。BCの項目を参照
ITEM → 持ち物を使用する。アイテムの項目を参照
SAVE → ゲームの進行状況を保存する(場所によって保存できない場合あり)。保存したデータの読み込みはタイトル画面から行える。タイトルに戻るには、ウィンドウ右上の「×」で一度ゲームを終了させ、再起動する。

■選択
会話中に選択肢が表示されることがある。選択は直後の行動を指定するもの以外は、多少会話が変化する程度でシナリオへの影響は無いので、深く考えずその時の素直な気分で選択して問題ない。
なお、選択はEscキーでキャンセル(無言・無視・スルー)することができる場合もある。

■ショップ
各地に点在するショップでアイテムやCPU、アプリケーションソフトを買うことができる。持っているアイテムを売ることもできるが、売値は買値の1/4になる。
仲間の装備はシナリオ進行に応じて自動で変更される固定装備となっているため購入の必要は無い。プレイヤーは常に仲間より1ランク上の装備をショップで整えることができるようになっているが、ジョブによりBCの基本性能が異なるため、同じ装備でも他のキャラクタとステータスが同じになるとは限らない。

戦闘
マップ画面で敵と遭遇すると戦闘画面になる。戦闘が始まると各キャラクターの行動ゲージが上昇してゆき、ゲージが満タンになったキャラクターから行動できる。ゲージを止める機能は用意されていないが、コマンド選択中などは停止する。
プレイヤー側はダメージを受けるとプロテクト(PRT)が減少する。PRTがゼロになるとそのキャラクタは戦闘不能。また、BAT(バッテリー)を消費してスクリプトを動かすことで、PRTを回復させたり敵に特殊な攻撃を行うことができる。なおBATは戦闘中 何もしなくても少しずつ減少してゆく他、こちらから攻撃を行った時も減少する。BATがゼロになった場合、プロテクトを維持できなくなり、PRTの値が徐々に減少してゆく。
戦闘に勝利すると敵の強さに応じた報酬が振り込まれる。(報酬で表示されるのはパーティ全体に対しての金額ではなくレイ個人への報酬額)

ATTACK → BCに接続された武器を使って敵を攻撃する
SCRIPT → スクリプトを使用する。スクリプトに関してはスクリプトの項目を参照
ITEM → 持ち物を使用する。持ち物はレイの所持品のみ表示されるが、誰でも使うことができる。
DEFENSE → 防御態勢を取る。防御中は全てのダメージが1/4になる。DEFENSEで消費する行動ゲージは50%のため、次のターンも早くまわってくるので、行動順を変えたい時にも有効。

■バックアタック
敵やこちらの強さに関係なく、敵からのバックアタックは一定の確率で発生する。バックアタックを受けた場合、こちらはしばらく何の行動も取れなくなる。ショーサのスクリプト「クイックチャージ」も発動しなくなるが、バックアタックは「ミラーリング」のスキルを持つガングロをパーティに加えることで100%防ぐことができる。
逆に敵の行動ゲージがしばらく上昇せず、こちらが一方的に攻撃できる先制攻撃を行える戦闘もあるが、先制攻撃のほうが発生する確率は低い。

■戦闘から逃走するには…
こちらのターンが来たときにEscキーを押すと逃走メニューが表示される。逃走できる確率は敵の強さに関係なく常に75%。但し、ボスからは絶対に逃げることができない。また、逃走に失敗した場合は、しばらくの間なにも行動することができなくなる。

■ゲームオーバー
戦闘中、パーティのPRTが全員0になると(BATが残っていても)ゲームオーバーとなりタイトル画面に戻されてしまう。また、移動中はパーティのPRTが全員0になってもゲームオーバーにはならないが、その状態で敵に遭遇すると戦闘に入った瞬間にゲームオーバーとなる。
ゲームオーバーになるとセーブした場所からやり直しになるが、セーブは公衆電話以外でも、メニューからいつでも行える。いかにも怪しい場所の近くに公衆電話がある場合はボス戦になる場合が多いので、公衆電話を利用し状態を回復・セーブした上で挑んだほうがいいだろう。