IDENTIFICATION
BLUE BIRD とは?
ストーリー
キャラクター紹介

ENVIRONMENT
ゲームの始め方
操作方法
マップ説明
戦闘

DATA
BC CPU ソフトウェア
スクリプト
アイテム
攻性プログラム
用語解説

PROCEDURE
ネタバレ裏話
共有掲示板
TOP














『BLUE BIRD』とは?
『BLUE BIRD』(ブルーバード:以下『BB』)はサークルEXPROLE制作のショートRPG。2013年の日本を舞台に、正体不明の存在である「攻性プログラム」の討伐を請け負うハンターたちの物語が展開される。総プレイ時間は4時間前後。ストーリーの分岐は無し。
本作は『RPGツクールVX』で作成されているものの、フリーのスクリプトや独自の改造を施すことで様々な拡張を行っている。また『RPGツクールVX』で作成されたゲームを遊ぶ際には、通常「RPGツクールVX RTP」のインストールが必要となるが、本作は本体のみで動作するため不要。
キャラクターに経験値やレベルの概念は無く、敵を倒して得た報酬で装備を変え主人公を強化してゆく。また、仲間の装備はシナリオの進行に合わせて自動で変化する。
「余計なことを気にせず最後まで楽しんでほしい」というコンセプトのもと、「仲間の裏切り」「取り返しのつかない要素」「2周目」「廃人仕様」等の要素は盛り込まれていない。

ストーリー
来たるべき攻性プログラムとの戦いに備えよ。
公にはされていないものの、一部の人たちはその存在に気付いていた。そこに存在し触れることができるのに肉眼では確認することができない存在。心霊現象なのか、某国の秘密兵器なのか、外宇宙からの侵略者なのか?
「攻性プログラム」と名付けられた"それ"は、政府公認のハンターたちにより極秘裏に処理されていた。しかし攻性プログラムは次第に数を増し、それを狩ることで報酬を得ようとする非公認のハンターと、彼らへ報酬を与えようとする団体の存在も確認されるようになった。
攻性プログラムの存在を隠せなくなった政府も、非公認ハンターに対し協力的立場へと変わりつつあったが、攻性プログラムとはいったい何なのか・・・・依然それだけは謎に包まれたままだった。

キャラクター紹介 《BULE BIRD編》
あるギルドに所属するチーム。メンバー内ではニックネームまたはIDで呼び合うため、お互いの本名を知っている者はいない。攻性プログラムの出現する場所ではレイとリンコを除き全員眼鏡を掛けているが、これは肉眼では確認できない攻性プログラムを特殊なゴーグルを通して識別するためである。

「 」
レイ
/ ID:Lei / JOB:Guest→Shooter
プレイヤーが操作する本作の主人公。銀色に染めたショートヘアの女性。設定上の性格は無く、年齢なども設定されていないが、会話中プレイヤーが選べる選択肢には、返答しない(ESCキーでキャンセルする)ものや、ギャグなどが含まれている。裸眼で攻性プログラムを見ることのできる人物。眼鏡を掛けていないが、実際には視力が悪いらしく、赤い色のコンタクトをしている。身長、体重、職業などはプレイヤーの想像に任せられているので細かくは設定されていないが、かなりの長身のスレンダー美女で、ショーサ曰く「お嬢様だが目つきは悪い」。ゲーム中では触れないが左利き。

「扉は自分で開け」
ガングロ
/ ID:Gangurou / JOB:Shooter
「ガングロのおっさん」とも呼ばれているチームのリーダー。黒色の肌をしているが日焼けしているだけで黒人ではない。他のメンバーと違いサングラス型のゴーグルを常に着用している(寝る時以外は外さない)。前のチームでは「ブラック」と呼ばれていたらしい。右腕に赤い腕章をしているが、理由は不明。
標準的な能力の持ち主であるがゆえに特徴がなく、パーティを自由に編成できるようになっても待機メンバーにしてしまいがちだが、実は分析能力が優れていて、敵の特殊攻撃に対する攻防が非常に強い。また、彼だけが持つ「ミラーリング」のスクリプトは、彼がパーティにいる間は常に発動し続け、バックアタックを回避してくれる。『BB』におけるバックアタックはキャラクタのステータスに関係なく一定確率で発生し、ペナルティも大きいので非常に有効な防御手段として活躍する。さらに、「エスケープ」のスクリプトは瞬時にアジトヘ戻ることができる優れもの。ショーサほどではないがクリティカルも出やすい。

「俺だって、機械をいじれるだけの男じゃねぇぜ」
ショーサ
/ ID:Syosar / JOB:Sniper
黒い服の多いメンバーの中でひとりだけ赤い服を好んで着用するチームのムードメーカー。頭脳労働担当と言うだけあって、コンピュータの操作はメンバーの中で随一の才能を誇るが、銃を使った戦闘においてもそれなりの実力を発揮する。レイのことをからかうように「お嬢ちゃん」と呼ぶが悪気はない。ヲタからは「スーパーハカー殿」と呼ばれ尊敬されている。ギルドの中では厨房(キッチンのほう)担当でもあるらしい。なぜ「ショーサ」と呼ばれているかは、いつも服が赤いから?
BCの処理速度を犠牲にして、命中率と攻撃力を高めているため普段は使いにくいが、先手を取りやすい「クイックチャージ」のスクリプトを持っている。長期戦となるボスとの戦いでは「デフラグメント」やアイテムでBCの処理速度を上げると非常に有利になる他、敵全体に強力なダメージを与える「乱れ撃ち」は敵の数が多い時に有効。通常攻撃も他のメンバーよりクリティカルが出やすい。

「え? 私の他に付き合ってる人がいるの!?」
ロリコン
/ ID:mayoyo / JOB:Nurse
金髪に染めた髪のツインテールにロリータファッションの女性。メンバーの中では一番低身長だが、それでも165cmを超えていて、しかも年齢はショーサやヲタより上らしい。一見ツンデレっぽい印象を受けるが人懐っこく、レイに対しては最初から好意を持って接してくる。そのファッションセンスからメンバーには「ロリコン」と呼ばれているが、IDはなぜかmayoyoになっている。自分では「真代」と呼んでもいいと言っているが、本名かどうかは不明。
攻撃力は低いが、回復、補助系のスクリプトが豊富。特にプロテクトがゼロになり異常終了したBCを再起動させる「リペア0」や、バッテリーを回復させる「テザリング」のスクリプトはチームでは彼女にしか使えない。BAT値も若干多めになっている。

「戦うより隠れていたい、でも やっぱり戦いたい」
ヲタ
/ ID:M.WOTA / JOB:Attacker
そのオタクっぽい見かけとは違いベテランのハンター。某銀河戦士風のセイバー状の武器を使って戦う。自分は特別な存在「救世主」だと思っており、眼鏡無しで攻性プログラムを見ることのできるレイをライバル視している。相手のことを「御宅」と呼ぶが、尊敬した相手は「殿」付けになる。ショーサからは「深く関わりたくない」と言われているが、ヲタが使用するオリジナルのスクリプトはショーサが彼のために作成したものである。ロリコンのことを妹のように可愛がっているが実は年下。また、ダンボールには拘りがあるもよう。メンバーからは「ヲタ」と呼ばれているが、IDはM.WOTA(メガネヲタクの略)になっている。実際、彼の眼鏡はゴーグルとしてではなく普通の眼鏡としての度も入っているため、普段から外すことはない。
防御を犠牲にした高い攻撃力を誇り、オリジナルのスクリプトも多数持つが、回復系は弱め。

「起きてますわ」
リンコ
/ ID:???? / JOB:????
政府が運営するギルドに所属するハンター。ライオンモール地下でのレイたちの戦いを眼鏡無しで確認するなど、レイと同じく裸眼で攻性プログラムを見ることのできる人物。嫌みったらしい性格のようだが実際にはただの天然であり、パーティに加わってからは、関係の悪かったロリコンとも親しい関係になる。「凛子」という名前らしいが、IDは…。
仲間になる段階で圧倒的な強さを誇り、彼女をパーティに加えると、ほぼチート状態でゲームを進めることができる。二丁拳銃のため通常攻撃が2回攻撃である他、ほとんどの敵を問答無道で停止させる「アカバン」のスクリプトを使えるのは彼女だけ。また、消費BATがゼロのスクリプトを持つなど、やはりチートっぽい。


キャラクター紹介 《RED ANGEL編》
「 」
レン
/ ID:Ren / JOB:Guest→Shooter
RED ANGEL編の主人公。現役女子高生。レイ同様設定上の性格が無いだけでなく、会話中プレイヤーが選べる選択肢についても感情が表現されるものは用意されていないなど、プレイヤーが自由に想像しロールプレイできるようになっている。PIXIEは死神。

「戦うより隠れていたい、でも やっぱり戦いたい」
ヲタ
/ ID:M.WOTA / JOB:Attacker
L3社が事件を隠蔽するためテロリスト扱いされ、その恨みからか徐々にダークサイドに染まってゆくRED ANGEL編の裏の主人公。前作同様セイバー状の武器を使って戦っているが、その能力は格段にアップしている。PIXIEは妖精。

「俺の腕がほしければ侵入してみろ」
マウス
/ ID:T.Fox / JOB:Cracker
今作から登場する新キャラ。業界の3大ハッカーと呼ばれるほどハッキング技術に長けているが、自称クラッカーを名乗っており明らかに悪意のあるハッキング行為を行っているため、同じく3大ハッカーのひとりであるショーサ(ホワイトハッカー)とは対立関係になる。
ネット上では雷と狐のアイコンで表示されることから『雷狐(サンダーフォックス)』と呼ばれているが、その正体は引きこもりの中二病(実際に中学二年)。黄色いパーカーをいつも身に着けているため、通称「黄色い人」と呼ばれる。靴下が嫌いで普段は裸足。外出時はサンダルを履く。パーティに加えると戦闘はほとんどできないが、バックアタックを100%回避できたり、必ず戦闘から逃げることができたり、瞬時にアジトに戻れるスクリプトを使えたりする。1人称は「俺」。PIXIEは手の生えたドローンのような飛行物体。